工場向け多言語翻訳アナウンスサービス「AmiVoiceⓇ TransGuide for Factory」をリリース

株式会社アドバンスト・メディアは、工場向け多言語翻訳アナウンスサービス「AmiVoice TransGuide for Factory(アミボイス トランスガイド フォー ファクトリー)」を今春リリースし、2月12日(水)~14日(金)に東京ビッグサイトにて開催される「第6回 ウェアラブルEXPO」(ブース番号:8-68)に参考出品することを発表した。

2019年は厚生労働省によると外国人労働者は過去最高の146万人に達し、今後も更なる増加が見込まれており、その中でも製造業を担う外国人労働者の割合は21.4%と高くなっており、多言語での円滑かつ正確な情報伝達が求められている背景から、工場向け多言語翻訳アナウンスサービス「AmiVoice TransGuide for Factory」をiOS・Android端末にリリースするとのことだ。

各種スピーカー、拡声器等と接続する事で手軽に多言語アナウンスができ、対面での会話にも活用可能になっている。工場での業務に適した定型文の翻訳リストをあらかじめ多数登録しており、作業指示や注意喚起、定時放送等を多言語で正確に伝える事が可能。日本語・英語・中国語・韓国語の音声合成が標準搭載されている。また別途音声ファイルを準備する事で、ポルトガル語・ベトナム語・タガログ語(フィリピン語)・ネパール語等、工場で多く使用される言語をはじめとする各種言語の利用が可能になるとのこと。
インターネット回線が不要な為、場所を選ばず利用可能。また、災害時等の緊急放送にも活用することができる。

初期登録料50,000円(税抜)、月額3,000円(税抜)から利用可能で、1ヶ月間の無償トライアルも実施しているとのこと。

【AmiVoice TransGuide for Factory特長】

①工場での利用に適した定型文の翻訳リストを搭載

工場で頻繁に使う定型文の翻訳リストを搭載しており、正確な翻訳結果を表示・アナウンスできます。リストはWEB管理画面・端末画面からいつでも無料で追加・編集可能です。個数や時間、場所等の可変要素は、単語の一括登録ができる為、全パターンの翻訳リストを登録する必要はありません。

食品工場用定型文例
緊急放送用定型文例

②オフライン環境でも利用可能

初回利用時にアプリケーションでログイン(インターネット接続必須)を行い、定型文の翻訳リストをダウンロードします。ダウンロード後はオフライン環境下で使用できる為、災害等の非常時でもスムーズに的確な多言語アナウンスが可能です。

③アナウンスの場面や用途に合わせて、様々なスピーカーが選択可能

iOS・Android端末に対応している、各種スピーカー、拡声器等と接続できます。音声合成は日本語・英語・中国語・韓国語に対応しています。別途音声ファイルをご用意いただく事でベトナム語・タガログ語(フィリピン語)・ネパール語等、その他の言語でも利用可能です。

④翻訳コミュニケーション機能も搭載(オプション)

定型文の翻訳リストにない内容を伝達したい場合、サーバー認識による機械翻訳もご利用いただけます(インターネット接続必須)。日本語の文章を16ヶ国語に翻訳する事が可能です。また、日本語・英語・中国語・韓国語の4ヶ国語は相互翻訳にも対応しています。

⑤高騒音環境下でも高精度な音声認識を実現

音声認識・音声対話に特化したバッジ型ウェアラブルマイク端末「AmiVoice Front WT01」との併用が可能です。「AmiVoice Front WT01」は、2マイクアレイ方式を採用し、ノイズキャンセリング機能を搭載している為、工場等の高騒音環境下でも高精度な音声認識を実現します。

この記事が良かったらシェア!