中国・長城汽車のモビリティAI戦略パートナーBean TechがCerence ARKを採用

中国最大の非国営企業の長城汽車(中国国内2019年新車販売シェア7位)の戦略パートナーBean TechがCerence ARK(モビティAIリファレンスキット)を採用、モビリティAIを加速させる。

Cerence Inc.は、ニュアンスより独立、次世代の自動車向けソフトウェアを提供する新会社とし2019年10月より稼動を開始したモビリティに特化した企業。

Cerence ARKは、ウェイクアップワード、自動音声認識、音声信号拡張、自然言語理解、テキスト読み上げなどの最新のAI搭載音声アシスタント機能をパッケージ化したソリューション、オープン性と柔軟性と高速を謳うアーキテクチャで開発と展開の時間を最小限に抑えることができる。
Bean TechはCerence ARKと連携して、VUI / GUIの設計、コンテンツ、および音声アシスタントのシステム統合をすすめる。

上記テクノロジーを組み合わせで、簡単な音声コマンドで、電話、ラジオ、メディア、車両の制御、ナビゲーション、ポイントオブサーチなど、さまざまな車載システムや機能への高速で正確なアクセスが実現できる。
その他にも、WeChat、ビデオ録画、写真の撮影、航空券と列車のチケットの照会、為替レートと在庫情報、星座クエリなどにも対応の予定とのこと。

情報ソース(中国語)

この記事が良かったらシェア!