トランスコスモス、音声認識・意図理解アルゴリズムを活用した「電話自動受付サービス」の提供を開始

トランスコスモスは、PKSHA Technology傘下のBEDOREが提供する音声認識・意図理解アルゴリズム音声対話エンジン「BEDORE Voice Conversation」を活用した「電話自動受付サービス」の提供を開始すると発表

顧客が企業へ問い合わせる方法として、チャットなどノンボイス利用者は増加傾向にありますが、電話や公式Webサイト(PC)といった従来チャネルの利用率は依然として高い状況にあり、電話受付業務の人件費削減や業務効率化を実現するため、音声認識・意図理解アルゴリズムを活用した「電話自動受付サービス」を開発したとのこと。

本サービスのプラットフォームには、音声認識・意図理解アルゴリズムである音声対話エンジン「BEDORE Voice Conversation」(*1)を採用。BEDOREがこれまで培ってきたチャットおよび音声におけるアルゴリズムを活用した自動対話のノウハウと、トランスコスモスの問い合わせデータ分析のナレッジを活かし、顧客からの電話による問い合わせを合成音声で自動化し、オペレーターを介することなく電話受付の完了を実現したとのこと。

企業主催のセミナーやイベントの参加の受付、EC・通販等における商品の受発注などの電話受付での利用を想定しているとのこと。

また、定期的にトークフローの編集や発話速度の修正、チューニングなどを行うことでPDCAを回すことも可能で、導入先企業の既存 IVRフローから「電話自動受付サービス」の電話番号へ転送するだけで利用できるため、大規模な開発は必要なく、最短2週間で導入が可能という。

この記事が良かったらシェア!