AIアシスタントと会話することで人前スピーチの苦手意識が克服できる?

ペンシルバニア州立大の研究チームが、人前でスピーチする不安を克服するAlexaスキルを開発したと発表。
このスキルを利用することで人前でのスピーチが苦手な人の苦手意識を克服することができるという。

研究チームはそれを実証するため、「社会性の高いAlexa」と「社交性の低いAlexa」を搭載したAmazon Echoを用意し、スピーチが苦手な被験者にランダムに会話をさせた。
その後、被験者は、20人の聴衆がいる部屋をシミュレートするVRアプリを通じて、準備した短いスピーチをおこない、スピーチの後、アンケートに回答するという実験であった。

その結果「社会性の高いAlexa」と会話した被験者は、Alexaと親密な関係をつくることにでスピーチへの不安が和らいでいたことがわかったという。

「この研究は、音声AIアシスタントが単に質問に答えるツールから、ヘルパーやコーチツールへの大きな変化となるであろう」と、研究チームの一員であるSundar教授とJames教授は話した。

情報ソース

この記事が良かったらシェア!