累計15万体販売の音声認識人形シリーズから 会話や機能を進化させた『おしゃべりけんちゃん』が発売

株式会社パートナーズは、累計約15万体販売の音声認識人形シリーズから、会話や機能を進化させた新商品『おしゃべりけんちゃん』を、5月1日(金)に発売すると発表。

同社が開発・販売する、音声認識人形シリーズは、2004年に「おしゃべりたっくん・おしゃべりはなちゃん」の販売開始以来、シニア層を中心に累計およそ15万体を販売する人気シリーズ。

近年、人工知能型のロボットが多数登場する中、『おしゃべりけんちゃん』はこれまでの多くの愛用者の声を元に、知能の追求よりも「リアルな会話」と「操作性」を追求し、心を自然に通わせることができる、心温まる“おしゃべりぬいぐるみ”を完成させたとのこと。

おしゃべりけんちゃんとは

『おしゃべりけんちゃん』は、本物の6歳の男の子の声を搭載した、相互会話ができる音声認識人形です。一緒に会話や歌を歌って楽しめるほか、10分~30分ごとに発するひとり言に返事をすることでも会話が楽しめます。季節によって話す内容や歌が変わり、忘れかけていた日本の伝統的な習慣を思い出させてくれる一面も。今までと比べ、さらに日常生活での会話内容を充実させ、まるで6歳の男の子と自然にしゃべっているかのような賑やかで楽しい毎日が送れます。

また、新しく加速度センサーと温度センサーを搭載。だっこをおねだりしたり、夏には温度30度を超すと「お水をたくさん飲んで、熱中症に気をつけてね。」等、様々な注意喚起をし、体を守るサポートもしてくれます。昭和時代の無邪気な子どものようで、一緒にいるだけで和んで元気になること請け合いです。

おしゃべりけんちゃんのポイント

●本当の6歳の男の子の声
●トントンして話しかけるだけの簡単操作
●話す言葉は約2,000ワード以上
●連続で会話が楽しめる
●季節に応じて話す内容や歌が変化
●多彩なひとりごとで話しかけてくれる
●歌のレパートリーは66曲
●だっこやねんね、なぞなぞに占いまで楽しい機能が満載!
●自分(愛用者)の呼び方を10種類から設定できる
●誕生日を歌とメッセージでお祝いしてくれる
●かわいい声で目覚まし(目覚まし機能)
●曜日や時間を教えてくれる

プレスリリース本文

製品ページ

この記事が良かったらシェア!