スマートホーム音声アシスタントのスタートアップJosh.AIが1100万ドルを資金調達

米国のスマートホーム音声AIアシスタントのJosh.aiが1100万ドルの資金調達を発表した。
Josh.aiは2015年創業で、当初はソフトウェアに特化していたが、Amazon EchoやGoogle Homeの相次ぐ発売によりハードウェアにシフト経緯がある。
現在ではハードウェア(Josh Micro Speaker)でほとんどの認識を行っている。

このプラットフォームは、メーカーとの提携により、スマート照明、環境制御、セキュリティ、およびエンターテインメントデバイスなど、ほとんどすべてのものをオンライン制御できるようにしている。

JoshのAIは、コンテキストに基づいてユーザーが何を望んでいるかを理解するように設計されており、一つの要求から複数のコマンドを実行できる。シーンをわざわざ組まなくても、その要求が何を指しているか、最近どのような操作をしたか、何を意図してるかを理解し、実行する。これが他社との大きな差別化となっている。

また、Josh.aiはエンドユーザーへの直接販売を行っておらず、製品を卸売のみで行っており、住宅デべロッパーや内装事業者経由で販売している。

ソース

この記事が良かったらシェア!