AI Shift、電話応対業務の自動化を実現させるAI音声対話サービス「AI Messenger for Voice」の提供を開始

株式会社サイバーエージェントの連結子会社である株式会社AI Shiftは、電話応対業務の自動化を実現させるAI音声対話サービス「AI Messenger for Voice」の提供を開始したことを発表した。

新型コロナウィルスの感染拡大を受け、企業や自治体への問い合わせが急増している一方で、テレワークへの移行に伴い従業員の働き方に制限が加わり、カスタマーサポートにおける対応負荷はこれまで以上に大きくなっている。

これにより、問い合わせ受付時間の短縮が余儀なくされているほかユーザーからの電話が繋がりにくいという状況が生じており、問い合わせ対応についてより一層の効率化が求められている。

このような背景のもと、AI Shiftがこれまで提供していたAIチャットボット「AI Messenger」に加え、チャットボットで培った対話戦略技術を活かし、AIによって企業の電話業務の自動化を実現する音声対話サービス「AI Messenger for Voice」の提供を開始。本サービスの提供により、予約や注文受付、情報照会など、企業における様々な電話業務を企業のニーズに応じて自動化することで、カスタマーサポートの業務効率化を支援していく。

従来の音声ガイダンスとは異なるインタラクティブでスムーズな音声対話の実現には、高度な対話戦略を備えた対話エンジンが必要となる。AI Shiftでは、AIチャットボットの開発で培ってきたノウハウを活かし、音声対話に特化した対話エンジンを開発することで、より人間らしい自然な自動音声対話を実現していくとのこと。

提供に先行して、サイバーエージェントグループ内で利用する独自のオンライン秘書サービスに導入し、電話応対業務の自動化を進めているようだ。

Source: プレスリリース

この記事が良かったらシェア!