Googleアシスタントでサードパーティー製ルータやネットワークの設定が可能に

Googleアシスタントでできることがまた一つ増えた。
Googleアシスタントのネイティブでサポートされているアクションのライブラリに、ルーターとネットワークのコントロールが新しく追加されたようだ。

ルーターやアクセスポイントメーカー側の対応は必須となるので、対応製品の発表待ちとはなるが、ネットワーク機器の再起動、ソフトウェアの更新、ペアレンタルコントロールなど基本的な設定から、ゲストネットワークを有効にしたり、現在のインターネットスループット率などのネットワーク固有の情報を報告させるなどの、より高度な機能も利用できるようだ。

この記事が良かったらシェア!